住宅ローン審査って

住宅ローン審査ってすごくわかりずらいです。住宅ローン会社によってぜんぜん審査方法は違うし判断に困ると思います。

そんなときは、いくつもの住宅ローン会社に問い合わせをしてみることをお勧めします。実際に審査の方法が明確ではないので、いくつもの住宅ローン会社に仮審査をしてもらえば、審査が甘いところなんかわかるので話でしょうか?
posted by 金利の安い住宅ローン at 11:07 | Comment(20) | TrackBack(5) | 住宅ローンの選び方

フラット35

どの住宅ローンが一番おトクかわからない・・・こんな疑問を抱えてはいませんか?

3年固定1.0% 5年固定2.??%など、金利がすごく安くてこれがいい なんてお考えの方はいないと思いますが、3年後の金利・5年後の金利はいくつになるか分からないが、この住宅ローンは違います。


SBIモーゲージのスーパー【フラット35】は最長35年の・期間固定金利型


金利がいくら変化したって、返済額はず〜っと同じ、ライフプランの設計のお役に
立ちます♪・べる金利☆・べる期間☆


しかも繰上げ返済手数料・保証料0円。国でお取扱いできます。

これからお借入をお考えの方、まずはお気軽にご相談ください。
まずは、無料・相談へ

↓ ↓ ↓ ↓

住宅ローンの相談!
posted by 金利の安い住宅ローン at 16:03 | Comment(0) | TrackBack(1) | 住宅ローンの選び方

住宅ローンのパンフレットはどこを見るか?

住宅ローンで重要なことはパンフレットのどこに書いてあるのか?
 
最近は、優遇金利などのキャンペーンなど民間金融機関がたくさんのチラシや、パンフレットなどでいろいろと宣伝しています。一見見たところ公的融資より金利が低く魅力的に見えますが、さまざまな条件がついています。全期間にわたって適用されるとは限らないので、計算してみないと本当に有利な金利かどうかも分かりません。
 
大切なのは、大きな文字で書いてある表面上の金利だけで判断せず、小さな文字で書いてある条件もしっかり読んで、しくみを理解することです。
 
チェックしたいポイントは以下の通りです。
 

 

 


金利優遇期間           ・優遇金利期間はいつまでとなっているか。長期ローンには
                     全期間適用されないものもある。
                    ・期間が長期の場合は2段階金利方式であるか否か。優遇
                     金利の適用はいつまでか。
 

 

 


対象                優遇金利の適用を受ける対象者に条件があるか?
                    ・提供金融機関のメンバー会員であることが条件となって

                     いるかどうか。
                    ・給与振込口座や公共料金などの講座の開設の必要があ

                     るかないか。
                    ・地域の金融機関の場合は、住所や勤務地の制限はない

                     か。
 

 

 


保証料              保証料の有無と金額
 

 

 


手数料              手数料の有無と金額
 

 

 


団体信用生命保険       金融機関の負担か自己負担か
 

 

 


注意事項             注意事項の条件が優遇金利に影響することがある
                   ・変動金利で優遇金利を受けている場合、固定期間選択金

                    利に切り換えると優遇幅か縮小される場合がある。 
                   ・提供金融機関の既存ローンからの借り換えはできない。
 

 

 


 
 

posted by 金利の安い住宅ローン at 15:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンのパンフレットでの注意点

住宅ローンの選び方のポイントとは?

住宅ローンの選び方のポイントとは?
 
住宅R-んを選択するときには、固定金利、変動金利、固定金利期間選択型金利のどれにするかを考える必要があります。もちろん、公庫融資を選択する場合は、固定金利しか選ぶことはできませんが、組み合わせられる民間住宅ローンには、さまざまな選択肢があります。
 
ドノ金利のタイプを選ぶかは、現在の金利だけで選んではいけません。これから金利がどう動くかを自分自身で予想し金利スタンスを決め、金利スタンスにあった商品を検討します。
 
金利動向の予測としては、『今後金利は上がる』『今後金利は下がる』『今後の金利は上がるか下がるか不明』の3つのスタンスがあります。
 
金利スタンスによる選択すべき金利の種類を示すと以下のようになります。
 

 
金利スタンス       金利の種類             メリット
 

今後金利上がる     固定金利              金利上昇でも返済が増えない

 
今後金利下がる     変動金利              金利下降で返済が減る
 

今後金利不明      固定金利期間選択型金利    固定金利の期間は返済は増えない
 

 
ただし、25年、30年といった長期ローンを考えているならば、金利予測はかなり困難ですので、固定金利で安定的に返済することをおすすめします。
posted by 金利の安い住宅ローン at 11:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンのポイント

固定金利期間選択型金利とは?

固定金利期間選択型金利とは?
 
固定金利期間選択型(固定・変動ミックス型)金利は、固定金利と変動金利を期間によって組み合わせたもので、選択した一定期間は固定金利にできるものです。
 
固定金利期間選択型金利のしくみは、3年間、5年間といった借入当初の一定の期間(特約期間)を固定金利として、特約期間終了後は変動金利か固定金利を選び直すものです。けど、固定金利をまた選んでも、そのときの金利が適用されるので、それまで選んだ固定金利がそのまま適用されるわけではありません。
 
 
もう一度、固定金利を選んだ場合は、特約期間が設けられますが、変動金利を選んだ場合は任意の期間で固定金利に切り換えることができます。
 
つまり、返済期間中に固定金利にしたり、変動金利にしたりすることができます。
posted by 金利の安い住宅ローン at 10:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンの金利の種類

変動金利のメリット・デメリット

変動金利のめりと・デメリット
 
変動金利は、借入時の金利が市中金利動向によって変動していくものです。返済が確定しないということ以外に、金利上昇の時には返済負担が増えるリスクがあります。
 
しかし、高金利から低金利へ移行する時期なら、返済額を減らすことができます。また、低金利時には、一般的に固定金利より低い率で借りることができます。10年程度の短期であれば、返済額を大きく減らせる場合があります。
 
変動金利の場合、一般的な例では、金利は年2回の見直しがあり当初5年間は金利が変わっても返済額は変わらず、6年目に利息と元金の比率を見直して新しい返済額になります。
 
要するに、5年間に金利が上昇すれば利息が増えて返済額が増え、金利が下降すれば利息が減って返済額が減ります。
posted by 金利の安い住宅ローン at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンの金利の種類

固定金利のメリット・デメリット

固定金利はどんなときに有利?
 
工程金利は、借入時に設定した金利が返済完了まで適用されるものです。ただし、公庫融資などは11年目に一度だけ金利が上がります(借入時に金利は設定)ので、注意が必要です。
 
しかし、フラット35の場合、11年目以降も同じ金利が適用されるので、返済懸隔が立てやすいほか、借入後、金利が上昇しても返済には影響しません。
 
短所としては、借入後、金利が下がったときには返済額を減らせないことです。最も、大きく金利が下がったときは借り換えによって返済負担を減らすことはできます。将来金利が上がりそうなときには、固定イン利が有利になります。
posted by 金利の安い住宅ローン at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンの金利の種類

住宅ローンの種類

住宅ローンの種類にはどんなものがあるの?
 

公的融資の特徴
 

公的融資の有名なものには、住宅金融公庫がありますが、そのほかにも年金住宅融資、財形住宅融資、各自治体の住宅融資などがあります。公的融資の中心となる公庫融資や年金融資は低利の長期固定金利が特徴で、返済計画もすごくたてやすくなっています。
公的融資は審査基準が厳しい反面、一定の条件を満たしてしまえば誰でも同じ金額で融資が受けられます。ですから、自営業者が不利になることもありません。公的融資では住宅床面積などの物件条件がついているのも特徴です。
 

民間住宅ローン
 
民間住宅ローンは、均衡や信用金庫を中心として生命保険会社なども扱っており、商品内容は非常にバラエティーです。審査基準も公的融資よりゆるく、融資限度額も大きいのが特徴ですが、金融機関によって審査基準が異なり、受けられる融資額が見えにくいのが難点です。
 変動型金利が中心ですが、最近になって公的融資に匹敵する長期固定金利商品も出てきました。固定金利期間選択型金利もありますので、選び方私大では返済負担が大きく違ってきます。また、民間ローンには公的融資のように住宅床面積などの物件条件はありません。
 
 

タグ:住宅ローン
posted by 金利の安い住宅ローン at 14:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンの種類

住宅ローンの返済方法の種類

元金均等と元利金等
 
借入金の返済方法の種類には、元金均等と元利金等の2種類があります。
そして、それぞれメリットとデメリットがあります。
 
元金均等返済は、元金を返済期間で割った額に利息を加えた額が毎月の返済額となります。最初の返済額が最も高く、最後がもっとも低くなります。
 
返済開始の初めのころは、毎月の返済額が多くなりますが、返済期間が進むにつれて毎月の返済額が減っていき、返済総額は元利金等返済より少なくて済みます。
 
一方、元利金等返済は、毎月の返済額を最初から最後まで一定に返済する方法です。返済計画が立てやすく、元金均等返済より当初の返済額を減らせるので、借入額を増やせるメリットがあります。
このため、住宅ローンで一般的に利用されるのは元利金等返済です。ただし、返済開始当初は元金がほとんど減らないために、返済総額が多くなるデメリットがあります。
 
posted by 金利の安い住宅ローン at 14:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンの返済方法の種類

住宅ローンの返済額

毎月の返済額はどうやって計算するの?

 

逆に、いくら借りたら毎月の返済額はいくら必要になるかを計算して見ましょう。

 

【借入総額から毎月の返済額を出す計算式】

100万円あたりの毎月返済額×借入総額÷100万円=毎月の返済額

例)

・借入総額2000万円、年利2.5%、30年返済の場合の毎月の返済額

 3,951円×2000万円÷100万円=79,020円

 


 
返済期間        15年          20年         25年         30年         35年
金利
 
2.0%        6435円        5058円       4238円       3696円       3312円
 
2.5%           6667円        5299円       4486円       3951円       3574円 
 
3.0%        6905円        5545円       4742円       4216円       3848円
 
3.5%        7148円        5799円       5006円       4490円       4132円
 
4.0%        7396円        6059円       5278円       4774円       4427円

返済期間を長くするほど毎月の返済額は減らせます。収入が少ない場合は、収入基準をクリアするのも方法の一つです。
 
PR/

 あなたのライフプランは万全ですか?!〜SBIモーゲージの住宅ローン〜
完全固定金利で、返済額は終了時まで変わらず安心♪
繰上返済手数料・保証料0円!全国でお取扱

☆★無料相談好評受付中★☆
posted by 金利の安い住宅ローン at 12:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 住宅ローンの返済額

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。